仮想通貨・暗号通貨

【Bitcoinとは?】今さら聞けないビットコインの仕組みを初心者向けに解説。なぜこんなに盛り上がったの?

whatisbitcoin

Bitcoinとは? ビットコインという言葉をよく聞くのではないでしょうか。ビットコインは、可能性をもった仮想通 …

338view

Bitcoinとは?

whatisbitcoin1

ビットコインという言葉をよく聞くのではないでしょうか。ビットコインは、可能性をもった仮想通貨です。英語ではバーチャルカレンシー、またはクリプトカレンシーとも呼ばれています。

ビットコインは通貨といっても、円やドルのように国の裏付けがありません。誰かが発行した通貨ではないのです。今まで人類が進化を遂げてきたように、お金の世界でも革命が起きているのです。

では、そんなビットコインはなぜ人々に買われ、徐々に決済に使われつつあるのでしょうか。それにはビットコインの仕組みを学ぶ必要があります。

ビットコインの仕組みを学べば、なぜビットコインが信頼され、可能性を持っているのかわかるようになるのではないでしょうか。

ビットコインは発行体のない通貨

whatisbitcoin2

ビットコインはいわばデジタルデータです。取り出して触ることもできなければ、どこかに隠しておくこともできません。

インターネット上に存在するデータの塊です。ビットコインをお金として扱うには、暗号をベースとした秘密鍵とブロックチェーンが必要で、それらによってデータを誰かから誰かに書き換えることで、送金が完了します。

ビットコインがデジタルデータなのであれば、勝手に書き換えて所有権を主張してしまうハッカーが現れたり、構造的に矛盾が生じて、そのバグによってビットコインの仕組みそのものが破綻してしまったりするリスクがあると思いますよね?

しかしそんなことはないのです。確かにビットコインはすべてがインターネット上に存在し、そのデータの移動によって資金が移動してしまいます。そこで、乱数をベースに作られる秘密鍵を使って、ビットコインを自分のものとします。

さらには、ビットコインの取引が正しいことをブロックチェーンという台帳に記録していきます。ブロックチェーンは「分散型台帳」と呼ばれるもので、文字通りインターネット上のさまざまなコンピュータに台帳が分散されているのです。

銀行の取引であれば、通帳に記載しますよね?そして銀行は大きなデータベースを持っています。それも台帳です。しかしビットコインは、分散して台帳を管理しているため、書き換えることができないのです。なぜなら、すべての台帳を書き換えないことには、盗難したり破壊したりすることができないからです。世界中のコンピュータを同時にハッキングすることはできません。

これが、主なビットコインの仕組みとブロックチェーン技術の概要です。

なぜビットコインが盛り上がったの?

whatisbitcoin3

ではなぜ、ビットコインがこんなにも人々の間で盛り上がっているのでしょうか。それは、上記で説明したブロックチェーン技術が画期的だからです。ブロックチェーン技術はビットコインから誕生したテクノロジーで、その根底には「分散化」という考え方が横たわっています。

この「分散化」は、ビットコインだけでなく、現在のインターネットテクノロジーが今後主流になっていく上で欠かせないキーワードなので覚えておきましょう。あのベストセラー『お金2.0』という本を書いたメタップスの佐藤航陽氏も、「これからのキーワードは『分散化』」であると述べています。

なぜブロックチェーンによる分散化が誕生したのか。それはインターネットが発達し、世界中の人のネット回線が太くなり、同時にコンピュータの性能が大幅にアップしたことで、個々人のパソコンスペックが大幅に上昇したことが関係しています。それぞれのパソコンを使って計算したほうが、大きなメインコンピュータで計算するよりもはるかに有利で、改ざんが難しいのです。

ビットコインの仕組み上、ハッキングは難しい

whatisbitcoin4

ビットコインは、分散化台帳上に取引記録が記載されているため、仕組み上ハッキングがとても難しくなっています。というより実質的に不可能です。コンピュータのネットワーク上に記載されているので、誰も改ざんすることができませんし、止めることすらできないのです。

ビットコインの仕組みは、「サトシ・ナカモト」と名乗る人によって開発されましたが、そのサトシ・ナカモトですら、ビットコインをもはや止めることはできません。ビットコインはみんなのものなのです。よって、オープンで民主的なインターネットの世界で支持されているのだと考えることができるでしょう。

誰しもがその仕組に熱狂し、新しい時代の通貨として可能性を感じているのです。

コインチェック事件の例

例えば、コインチェック事件があったよね?あれは仕組み上の欠陥ではないのか?

ビットコインの仕組み上、安全だといっても、コインチェック事件が発生してしまいました。大きな事件でニュースになったのでご存知のことだろうと思います。

コインチェックの盗難事件では、ネム(XEM)という仮想通貨が盗難にあいました。ネムもビットコイン同様ブロックチェーン技術に支えられており、秘密鍵を使ってやりとりします。

 

本来であれば、その秘密鍵をウォレットという財布に隔離して管理します。そのウォレットをインターネット上に保管しているとハッキング被害にあってしまうため、インターネットから切り離して保管しておくことをコールドウォレットと呼びます。本来は、仮想通貨取引所はコールドウォレットで資産を守らなければなりません。

 

しかし、コインチェックは、コールドウォレットで管理しているといいながら、実際はインターネットに接続しているホットウォレットだったことが明らかになっています。さらには、秘密鍵を複数にするマルチシグと呼ばれる施策も、行っているといいながら行っておらず、管理がずさんだったのです。

 

そして自宅勤務を推奨していたことでPCのセキュリティ管理も怠っており、マルウェア(ウイルス)に侵入されてしまったものと公表されています。ただし、これらはビットコインの仕組みやネムの仕組み、そしてブロックチェーン技術に問題があったわけではありません。ただ、取引所の管理体制がずさんだったというのが原因です。

ビットコインの取引記録はすべて見える

whatisbitcoin5

そもそもネムが盗難にあったとき、最初にソーシャルネットで「盗難では?」と騒がれました。仮想通貨は、取引記録がすべてオープンになっているのです。いわば全員の通帳がインターネット上で丸見えの状態で、どこからどこへ、いくら送金された、という情報がすべて見えています。

これによって、インターネットユーザーが、500億円もの資金移動にいち早く気づき、盗難の可能性を指摘したのです。ビットコインも同じで、どこからどこかへ送金された履歴はすべて見えています。そして改ざんも不可能です。

そしてオープンソースで管理されているため、世界中の誰もがビットコインを購入し、その取引を行うことができるのです。

ビットコインの仕組み上の可能性

whatisbitcoin6

ではビットコインにはどのような可能性があるのでしょうか。まず、国際送金が非常に安くなるポテンシャルを秘めています。現在の銀行システムでは、国際送金を行う際、非常に手間がかかりなおかつ時間も手数料もかかります。

しかしビットコインならほんの数秒です。QRコードを読み込んであっという間に送金できてしまいます。世界中のどこにでも、誰にでも送ることができるため、こうした国際送金の世界で革命を起こし、世界をさらにグローバルに、そして近くフラットにすることができるのです。

ビットコインはインターネット上の送金システムであるため、こうした仕組みが可能となっているのです。これが経済に与えるインパクトも大きいことが予想され、まだまだ決済には少し使われているだけという現状ながら、大きなポテンシャルを秘めているのです。