仮想通貨・暗号通貨

【仮想通貨の基礎知識】知っておきたい仮想通貨の基本用語をまとめました。

222view

あ行

アービトラージ

各取引所の価格の違いを利用し、利益を得ることを言う。裁定取引とも呼ばれる。

ICO

仮想通貨が取引所で取り扱われる前に、投資家を募集し資金を調達すること。

アドレス

銀行の口座のようなもの。

アルトコイン

アルトコインとは、AlternativeCoin(代わりのコイン)を略したもので、ビットコイン以外の仮想通貨すべてを表した言葉。全世界で2000種類以上とも言われている。

暗号通貨

セキュリティ対策に暗号技術が利用されている通貨。いわゆる仮想通貨。電子マネーは暗号通貨に含まれない。

ウォレット

仮想通貨を管理する、いわば財布のようなもののこと。ビットコインをはじめとする仮想通貨を受け取る際、ウォレットが必要。

か行

仮想通貨

インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価として使うことができ、中央銀行などの中央集権的な公的発行体や管理者なしに専門の取引所を介して円やドル・ユーロなどの通貨と交換できる。

クリプトカレンシー

不正取引などを防ぐために暗号化技術を用いた通貨のことで、暗号通貨、仮想通貨とも言う。英語ではCRYPTO CURRENCY。

コインベース

マイニングでマイナーが報酬を獲得する取引のこと。

公開鍵

自らのビットコインアドレスを作成するときのもとになる鍵のことをいう。

コールドウォレット

インターネットとは切り離されているウォレットのことを言う。

誤送金

送金する先を間違えて送金すること。補償はされない。

さ行

指値注文

指値を指定して注文することをいう。例えば、BTCが30万円のとき、28万円で買いの注文をしておくと、28万円に下がったとき自動的に購入される。

サトシ

サトシ(Satoshi)とは、ビットコインの最小の通貨単位を表す。0.00000001BTC=1Satoshiで換算する。

時価総額

通貨発行量と市場価格を掛け合わせた数字のこと。

ソフトフォーク

フォークが行われる際、従来の仕様との互換性を維持しながら更新すること。

た行

チャート

過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸としてグラフ化したもの。株式でも使用される。

電子マネー

紙幣や硬貨を使用せず、電子的に決済する手段。電車に乗るとき、コンビニエンスストアでの支払いなどに利用される。仮想通貨とは異なる。

取引所

通貨を購入したい人と売却したい人の仲介を行う業者のこと。

二段階認証

二段階認証とは、二重にパスワードをかけることを表す。悪意ある者がログインを試みたときに不正にログインを防ぐためのもの。

は行

ハードフォーク

特定の通貨が2つに分裂すること。

半減期

マイニング(採掘)によって得ることができる報酬額が半分に減額されること。

P2P

ピア・ツー・ピアと言い、Peer to Peerを略したもの。ネットワーク上で端末を直接つなぎ、データをやりとりする方式。

BTC

BTCとはビットコインの通貨単位のこと。

秘密鍵

ウォレットを作成時に与えられる文字列。自分だけが知る暗号で他者に知られてはいけない。公開鍵とは異なる。

ブロックチェーン

ネットワーク上に保存されている、仮想通貨のあらゆる取引履歴のデータ。

ボラティリティ

価格の変動の大きさを表す言葉。

ホワイトペーパー

ICOにおいて出資を募るときに公開する仮想通貨の理念。計画、スタッフなどを記した書式。

ま行

マイナー

マイニング(採掘)を行う人のこと。

マイニング(採掘)

新たなブロックを生成する報酬として仮想通貨を受け取ること。

ら行

レバレッジ取引

資金以上の大きな金額での取引のこと。

ロードマップ

中長期的な計画書のこと。