タイ・バンコクでビザ延長をする方法【ノービザ&観光ビザ向け】

タイではノービザで30日間、観光ビザで60日間滞在できます。

ビザ延長の手続きをすれば、そこからさらに30日間、滞在を延ばすことも可能です。

今回、バンコクのイミグレーションオフィスでビザ延長の手続きをしてきたので、オフィスまでの行き方や申請に必要な持ちもの、手続きの流れについて紹介します。

ビザ延長に行くときの注意

1:できれば朝イチ、最低でも午前中に行く!

ビザ延長の窓口は、日によってとても混み合います。

受付は先着順なので、なるべく朝一番(8時半目安)に行くようにしましょう。

遅い時間帯に行くと、何時間も待つことになり、手続きだけで一日潰す羽目になります。

2:時間に余裕を持つ

早く行けば行くほど手続きはスムーズですが、一応時間には余裕を持っておくのがベターです。

朝イチで行けば午前中には手続きが終わるとは思いますが、午後の早い時間帯に予定を入れるのは、なるべく避けたほうがいいでしょう。

ビザ延長に必要な持ちもの

ビザ延長に必要なものは、以下の通り。

1:必ず持っていくもの

  • パスポート
  • タイの出国カード(入国時に機内で書いたもの)

2:現地調達が可能なもの

  • ビザ延長料金:1900バーツ(イミグレ内にATMあり)
  • パスポートのコピー:顔写真&入国スタンプページと、出国カード(イミグレ内に印刷屋あり)
  • 証明写真:6cm×4cm(イミグレ内に印刷屋あり)
  • ビザ延長手続き書類「TM7」(イミグレオフィスでもらう)
  • 書類記入用のボールペン(イミグレオフィスで借りられる)
  • 証明写真を貼り付けるためのノリ(イミグレオフィスで借りられる)

現地で調達できるものがほとんどなので、最低限「パスポート」「出国カード」だけ忘れずに持っていけばOKです。ATMでキャッシングできない人は、「ビザ延長料金1900バーツ」も忘れずに。

バンコク・イミグレーションの場所、営業日

バンコクのイミグレは、市内からはややアクセスの悪い場所にあります。

ちょうど、ドンムアン空港とチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの間くらいです。

住所 Building B, Government Complex,Chaeng Watthana Road, Bangkok
電話 (021) 419 889
営業日 月曜-金曜8:30-12:00,13:00-16:30
休日  土日祝

営業は平日のみ。さらにお昼休みがあるので、時間には注意してください。

バンコク・イミグレーションへの行き方

イミグレに行くには、

  1. タクシー
  2. 電車→タクシー:最寄駅(BTS &MRTモーチット、MRTパホンヨーティン)
  3. 電車→バス

の3種類があります。

バスは時間がかかったり、少しハードルが高かったりするので、「①タクシー」「②電車→タクシー」がオススメです。

流しのタクシーにイミグレの場所を伝える方法

配車アプリ「Grab」を使うのが一番便利ですが、流しのタクシーを捕まえた時には、イミグレ公式サイトの写真を見せて「イミグレーション(タイ訛り意識)」と言うと伝わりました。

英語でイミグレのGoogleマップを見せたら、うまく伝わらなかったのか乗車拒否されてしまったので、できればタイ語を表示するようにしましょう。

また、イミグレは「B棟」にあるため、運転手に「タワーB」と伝えるのも忘れずに。

バンコク・イミグレーションに到着!

thailand-bangkok-visa

バンコク・イミグレーション、B棟に到着しました。

入口で、パスポート&荷物チェックを受けてから中に入ります。

thailand-bangkok-visa

エントランスはこんな感じ。

thailand-bangkok-visa

ビザ延長の手続きをするイミグレーションオフィスは、建物に入ってすぐ右手にあります。

今回、木曜日の朝9時過ぎに行ったのですが、かなり空いていました。
(混んでいる時は、この入り口ドアまで行列ができています)
おそらく、金曜や週明けの月曜などは混むと思うので、火〜木曜日あたりを目指していくといいでしょう。

印刷屋でパスポートのコピー&顔写真を撮ります

今回は、顔写真とパスポートのコピーを持たずにきたので、現地で調達しました。

写真&コピーができる印刷屋は、イミグレの地下1階にあります。

イミグレオフィスから少し先に行くと、下りエスカレーターがあるので、これで地下へ行きます。

thailand-bangkok-visa

エレベーターを降りたら、右後ろの方へ進みます。

カフェコーナーに沿って行く感じです。

thailand-bangkok-visa

左手に、フードコートが見えてきました。
もう少し直進します。
thailand-bangkok-visa
「COPY&PHOTO」の看板を発見!
これに従い、左手に進みます。
thailand-bangkok-visa
印刷屋さんに到着!
印刷屋は何軒かありますが、どこも価格は同じなので、空いてる場所に入ればOKです。
thailand-bangkok-visa
今回は、右側の「Double A」というお店に入りました。
こちらはチェーン店で、バンコク市内でもたまに見かけます。
料金は、
  • 顔写真撮影:4枚100B(約350円)
  • コピー:1枚2B(約7円)
日本の証明写真は機械でも700円するので、かなり安いですね。
パスポートを見せて「コピー&フォト」と言えば、特に何も聞かれずすんなり作業してもらえました。
thailand-bangkok-visa
写真は、この青壁をバックに、店員さんがデジカメで撮ってくれました。
その後すぐパソコンに取り込み、ものの数分ほどで印刷完了。
1階のイミグレカウンターに戻ります。

ビザ延長手続き書類「TM30」の書き方

thailand-bangkok-visa

イミグレオフィスに戻ってきました。
中に入り、受付でをビザ延長手続き書類「TM30」をもらいます。
ペンを忘れてしまった場合は、受付で借りられます。
thailand-bangkok-visa
顔写真を貼り付けるのりも受付に置いてありました。
用紙の書き方見本があるので、こちらを参考にしながら、
  • パスポート情報
  • 入国時の情報
  • 住所
などを記入していきます(ジョニー・デップ……)。
ホテルに滞在している場合、ホテル名だけでなく詳しい住所も必要になるので、事前に調べておきましょう。

ビザ延長申請の手続き

thailand-bangkok-visa

用紙記入が終わったら、さらに中へと入ります。
カウンターがあるので、ここで先ほどの「TM30」を見せ、受付の番号札をもらいます。
thailand-bangkok-visa
延長は「K」の窓口のようです。
この時、約15人待ち。
以前、昼頃に行ったら100人待ちだったこともあったので、今日はかなり少ないです。
thailand-bangkok-visa
30分ほどで番号を呼ばれ、ブースに入ります。
書類チェックは2分ほどでサクサク終了。
日本人対応に慣れているのか、「ナマエ(未記入の部分があったので)」「シャシン」など、カタコトの日本語で指示されました。
書類チェックが終わったら、1900バーツを渡して一度待合室に戻ります。
thailand-bangkok-visa
その後15分ほどで、「Japanパスポート、(名前)〜」と口頭で呼ばれるので、領収書とパスポート、お釣りがあればここでもらいます。
お釣りの100バーツは、なんと領収書にホッチキスでとめられた状態!
日本だと考えられないですよね、笑えました。

トータル1時間ほどでサクッと終了!

今回は、写真撮影〜手続き完了まで、1時間強で終わりました。

窓口で「なんのために延長するのか?」と質問されるようなことも一切なく、あっけないほどにサクっと終了。

とはいえ、ノービザで何度もタイ入国&延長を繰り返していた友人(旅人)は、とうとう先日イミグレで「お前は一体何回延長するんだ!? 次はないぞ!」と注意を受けたそうです。
最近、タイもビザランなどが厳しくなってきたので、ノービザで延長を繰り返すのはなるべく避けた方がいいかもしれません。

グルメも豊富!イミグレでランチ

thailand-bangkok-visa
午前中に申請手続が終わったので、地下のフードコートに戻って朝食兼ランチを食べることに。
フードコートには、タイ料理やインド料理など、さまざまなお店が入っています。
thailand-bangkok-visa
好きなおかずをご飯にかけてもらうスタイルのお店に決めました。
thailand-bangkok-visa
ご飯の上に、「レッドカレー」「ゴーヤの炒め物」「目玉焼き」を乗せたこちら、なんと40バーツ(約140円)!
ショッピングセンターのフードコートよりも安くて、味もめちゃくちゃおいしかったので、大満足でした。
thailand-bangkok-visa
地下には、フードコート以外にもレストランが色々ありました。
フライドチキンなどが食べられるファーストフード店「Chester’s」。
thailand-bangkok-visa
和食屋さんもありました。
thailand-bangkok-visa
カフェも何軒か入っています。
ちなみに、ほかにもネイルやマッサージショップ、お土産屋さんなども色々あります。
なんの施設なのか謎すぎますね……。
とはいえ、ビザ延長ついでに食事も買い物もサロンも楽しめるので、せっかくわざわざ辺鄙な場所まで来たことですし、イミグレを満喫しまくるのもアリかもしれません。
novisa-extension
最新情報をチェックしよう!

ビザ情報の最新記事8件

>タイランドエリート入会キャンペーン

タイランドエリート入会キャンペーン

タイ政府観光庁直営の国営企業運営の国家プログラ ムに関するご質問、ご相談はこちらに日本語でどうぞ。 正規代理店からのお申し込みになりますので、ご入会には一切の手数料はかかりません。 ご入会の新メンバー様にはご入会プレゼ ント実施中です。

CTR IMG